pagetop

BLOG活動ブログ

芦屋市議会☆新人議員の本音シリーズ NO.7


行政と市民感覚のズレを解消するために

市民さんと職員さんの感覚のズレを感じてしまうことが時折あります。私もそうでしたが、自治会活動の中では最終的に行政に頼るしかない場面が出てきます。そんな時、職員さんの反応を見て「あれ?伝わっていない?」と感じることがよくありました。

「何故わかってもらえないの?」と感じてしまっていたのでしょうか。話が伝わっていないと思えば思うほど、市民さんの主張もきつくなっていくでしょうし、そうなると文句を言っているように聞こえてしまうかもしれません。

どうして、行政に対して市民感覚とのズレを感じてしまうのかを考えているうちに、身近な話に当てはめて考えてみることにしました。ここからは、私の感覚で捉えてる例え話に置き換えてお話しますね。

カレーが食べたいと思っている市民さんがいるとします。求められた職員さんは何とかしてその思いを叶えるために試行錯誤します。そして出来あがってきたのは・・・。見た目はカレーそっくり、でも味はチョコレートだったらどうしますか?

職員さんはこう思っていたとします。

  • とりあえず見た目はカレーなのだから、満足してくれるはず
  • 与えられた材料の中では、これが精一杯の作れる料理だから仕方がない
  • カレー味ではなくても、食してお腹が満たされたらよい

 

そして、市民さんにはこう伝えます。「料理人を探し、時間をかけてご期待に沿うかたちでカレーが出来上がりました。こちらをどうぞ!」と言われても、見た目は似ていてもそもそもカレーとは言えないものを、我慢して食べないといけない結果に満足することができるのでしょうか?

市民さんが「チョコーレートでは納得できない。」と突っ返えすことになっても仕方がありません。はじめにきちんと「カレー味のおいしいカレーをつくってほしい。」という思いが伝わっていたら、時間をかけて作り終えた後に、2度、3度とすれ違いの話にもならなかったはずですが、出来上がって初めて感覚が大きくズレていたということがわかったという状況もあるかもしれません。

行政の中だけで納得していることがあったとしてもはじめからできないという思い込みで話を聞いてしまうと市民さんの理想に近づけるわけがありません。でも、先に求めていることを理解することで、材料のないところからでもどうにかしてカレー味になるように一緒に模索する姿を見せてくれることが大事なような気がします。

 

<<【NO.6】   【NO.8】>>

新着活動ブログ

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
       
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

アーカイブ

カテゴリー

CONTACTつなぐ

皆さんの声を市政に届ける
橋渡し役をさせてください

当たり前だと思われている⽇常の中で、
仕⽅がないと諦めなければ、良い転機が訪れます。
⼀⼈⼀⼈の想いが重なり、答えが⾒つかる市政をつくるために、
意⾒を届ける架け橋になれるよう、皆様の声をお待ちしています。

応援してください!
よろしくお願いします。

後援会はこちら
たかおか知子
芦屋市議会議員

たかおか 知子TOMOKO TAKAOKA

Mokosoft株式会社を設⽴し代表取締役に。第⼆⼦を出産と同時に芦屋へ。
町内の課題にぶつかり、初代⾃治会⻑になることを決意し3年間務める。
地域での課題解決を⽬指し、⾃治会ブロックの南芦屋浜地区会⻑を兼任し
市内全域へ活動範囲が広がり、芦屋市⾃治会連合会の副会⻑も兼任する。
2019年芦屋市議会選挙に無所属で出⾺し当選。芦屋市議会議員の1期⽬。

LINE Instagram Facebook Twitter stand.fm