pagetop

PROFILEプロフィール

たかおか知子

こんにちは、たかおか知子です。
芦屋市議会議員の一期目、子育て奮闘中の二児の母です。

皆さんは、政治家の常識が生活者の市民にとっては非常識だと感じることはありませんか?
ある時私は地域の問題にぶつかり、まずは自分から変わらなければ生活環境は良くなっていかないということに気が付きました。行政サービスは私たちの生活に直結するものなのに、当事者であるはずの市民の声が届いておらず、気づかれないままに決まっていることが数知れずあるのです。

そうならない為に、一人一人の想いをつなげ、意見を重なり合わせることで、本当の答えを見つけ出す市政をつくっていかなければなりません。今よりもっとわくわくする明日を目指します。

孝岡 知子(たかおか ともこ)

大阪府出身。高校を卒業後、国際外語専門学校を卒業。

日本アイ・ビー・エム株式会社で勤務。

Mokosoft株式会社 代表取締役。

第二子出産と同時に横浜から芦屋へ。

自治会の会長として積極的にボランティア活動に参加。

好きなスポーツは、バトミントン、テニス

好きな言葉は、セレンディピティ=幸せな偶然

セレンディピティ(Serendipity)という言葉の意味は、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることです。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見したり、また、何かを探してるときに、探してるものとは別の価値があるものを偶然見つけることもあります。

子育てと仕事に没頭していた私が市議会議員になったワケ
  • ・2011年 東京へ仕事で行った時に、PC関連の展示会で知り合った芦屋市出身のプログラマーと結婚。
  • ・2012年 結婚後は東京のIT企業へ就職。横浜市に移り住み第一子を出産。
    子供が生まれ職場を退社したが「子育てしながらでも家で出来る仕事はないか」と思い、アプリの開発を試みる。
  • ・2013年 ベビーカーで子どもを連れて役所に通い、念願の自宅でできる会社を立ち上げ、Mokosoft株式会社の代表取締役となる。
  • ・2014年 第二子の出産後すぐに芦屋に転入。暮らしやすく住みよい街になっていくことを期待し定住を決意。
  • ・2016年 町内の課題に直面し、自治会が新しく創設されたことをきっかけに、自治会の初代会長に立候補。以後3年連続務める。
    「自治会費は0円」「回覧板はなし」「インターネットを利用した理事会」などの運営方法で取り組む。働き世代の若い人も自治会活動に参加しやすくなるように負担を減らし、やりたい人がやれることをする自治会を目指す。
  • ・2017年 自治会の活動にのめり込んでいくうちに地域での繋がりも増え、町内だけでは解決しない課題に気づいていく。その後、地域のボランティア団体である自治会連合会の南芦屋浜地区(10ブロック会)の会長に就任。
  • ・2018年 芦屋市自治会連合会の代表者会議に理事として出席するようになり、次第に市内全域に渡って繋がりが増えていく。ここでもまた、地域だけでは解決しない課題があることに気づき、芦屋市自治会連合会の会長からご指名いただいたことを受けて、副会長を務める。
  • ・2019年 町から地区、そして市全体がかかえる課題の解決に向けて、自らが議会に飛び込み行動していくこと決意。
    4月に市議会議員に立候補、無所属の新人として初当選を果たす。

CONTACTつなぐ

皆さんの声を市政に届ける
橋渡し役をさせてください

当たり前だと思われている⽇常の中で、
仕⽅がないと諦めなければ、良い転機が訪れます。
⼀⼈⼀⼈の想いが重なり、答えが⾒つかる市政をつくるために、
意⾒を届ける架け橋になれるよう、皆様の声をお待ちしています。

応援してください!
よろしくお願いします。

後援会はこちら
たかおか知子
芦屋市議会議員

たかおか 知子TOMOKO TAKAOKA

Mokosoft株式会社を設⽴し代表取締役に。第⼆⼦を出産と同時に芦屋へ。
町内の課題にぶつかり、初代⾃治会⻑になることを決意し3年間務める。
地域での課題解決を⽬指し、⾃治会ブロックの南芦屋浜地区会⻑を兼任し
市内全域へ活動範囲が広がり、芦屋市⾃治会連合会の副会⻑も兼任する。
2019年芦屋市議会選挙に無所属で出⾺し当選。芦屋市議会議員の1期⽬。

LINE Instagram Facebook Twitter stand.fm