pagetop

BLOG活動ブログ

芦屋市議会ハラスメント防止に向けて【#9】議員の不可解な行動

市議がしてきたこれまでの問題行為

1.公文書となっていない段階で、調査中の「申出書」の存在を部外者である職員に口外していた

[令和2年6月16日の一般質問の会議録より大塚議員の発言]

情報公開制度を用いて開示を求めました。その結果がこれです。(資料を示す) 今、私の手元にある「公文書存否応答拒否決定通知書」とちょっと長いんですけれども、いとう市長の赤い角印があります。要するにこの依頼書というのは、あるかないか、その存在をお答えすることをしかねます、拒否しますと、このような非常に中途半端な結論を示してきたわけであります。

→この時点では、まだ「申出書」は公開してもよい公文書にはなっておらず、情報は非公開で取り扱わなければいけなかったことを意味している。

 

この情報を、ごく一部ですけれども、他の職員にも見てもらいました。ここまで赤裸々な情報というのはないですねと、そのような感想を私はお聞きしました。そこで、私の持っている情報を一つ一つ、一体これはどうなんでしょうか、それは事実でしょうかということで確認をしていきたいと思います。

→「この情報」とは申出書の話の流れから述べられており、非公開である公文書の内容を他の職員に漏らしていたことになる。

 


2.議員が、本会議という公の場で「申出書」の存在を別の伝え方で公表し、申出書提出者の合意がとれていなかったことが判明した

[芦屋市ハラスメント調査委員会の報告書より]

●「申出書」と「男性職員の文書」が別のものであるにもかかわらず、混同された報道がされているので、両者を整理すること、及び正確な情報を公表すべきであることを指摘している。[21項]

●申出書の内容は、あくまで時間外勤務申請の却下に対する改善を求めるものであったので、それ自体は、パワーハラスメントに該当するものではなかった。単に申出書の内容のみを扱って苦情処理委員会にかけたところで、パワーハラスメントに該当しないという判断がされるだけで、根本的な問題は解決しないと考えた。[22項]

 

[令和2年6月16日の一般質問の会議録より大塚議員の発言]

とあるセクションから出された依頼書の内容というのは、この苦情処理委員会で審査をしてくれと、そういうことでした。

現場としては、管理職が無理難題を押しつけてくると、そういうパワハラ行為も含めて、困っているので何とかしてくれと、何とかしてほしいという直訴の場であったというふうに聞いていますけれども、そういうことではなかったんですか、違いますか。

パワーハラスメントの調査を求める依頼書、10人近い数の職員からですよ。1人や2人という数を私は軽んじて言っているわけではない。民間でもこんなに大人数の職員が一度にというのは前代未聞です、空前絶後です。常識的にはこのような苦情処理委員会、開いて当然だと思いますよ

職員たちは団結をして、そして必死の思いで依頼書を当局に出したんだろうと、そのように想像に難くありません。この依頼書は、言うならば優越的な地位を濫用して、パワハラとも言えるような行為を加える上司である管理職を何とかしてくれという中堅若手職員からの悲痛な嘆願書ではないかと私は考えます。

→提出者と議員の主張には明らかに違いがあるため、提出者から事実の確認ができていたかは疑問である。このことから、議員が提出者の思いを取り違えていたことが原因で、混同した情報を公で伝えてしまったことがわかる。

 

3.公開質問状を提出し回答書をいただくが、その内容からは提出者との事実確認や公表の同意を得ていたかを示せていない

[9月21日に出した公開質問状]
 

 

[9月30日に返答があった回答書]


4.議員が記者会見を行いハラスメント調査に関係する情報を漏らしていた

 
[第三者調査委員会内の配布資料『第三者調査委員会設置までの経緯]
 
 

→令和2年6月16日の一般質問の後、同日に記者会見を行い、ハラスメント行為に関係する「職員のメモ」となるものを公開していた事実がある。

 

[翌日6月17日の無料掲載新聞記事]
 
 
→令和2年6月17日に記者会見を行い、ハラスメント行為に関する「職員のメモ」を公開し、さらに「元職員?への電話取材」をしていた事実がある。

 

[翌日6月18日の無料掲載新聞記事]
 
 
→この新聞報道では「パワハラ疑惑がJR芦屋駅南側の再開発に関連する部署で起きました。」とまで掲載があり、あたかもこの部署で被害を受けた男性職員同様の複数人に対してのパワハラがあったかのように受け取れる報道がされ、また、10人近くの職員が連名でそのことで調査依頼をしているかのような、混同した報道がなされていたことが調査報告の提出者の証言によって明らかとなった。

 


5.令和2年6月16日の一般質問の発言の後に、山口議員から議事進行で問題提起があったにもかかわらず、1年4ヶ月もの間、この議員の疑惑については、一切調査してこなかった議長にも責任を感じている

 
[令和2年6月16日の本会議の会議録より山口議員の議事進行の発言]
 

ただいまの大塚議員の一般質問のことに関してなんですけれども、パワハラやいじめや差別事件というのは、事実確認が行われて初めて事が動いていきます。事実確認ができていないことを、この本会議場で発言をなさるというのは不適切ではないかというふうに考えます。先ほど議長のほうが議事整理権で整理をなさいましたけれども、今の大塚議員の発言でしたら、その事実を明らかにするためにこの議場に立ったというふうなことをおっしゃいましたので、それはきちんと事実の確認ができてから発言をしていただきますように、議長のほうでも整理をよろしくお願いします。

→山口議員から、大塚議員の発言に対して上記の事実確認の有無等について議長に整理を求められていた。

👉芦屋市ホームページ会議録『令和2年6月定例会(第4回)6月16日』

 

モコモコ通信ラジオ局で解説

芦屋市議会ハラスメント防止にむけて[9]
 

【#10】問責決議の趣旨説明 >>

新着活動ブログ

    123
45678910
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
       
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

アーカイブ

カテゴリー

CONTACTつなぐ

皆さんの声を市政に届ける
橋渡し役をさせてください

当たり前だと思われている⽇常の中で、
仕⽅がないと諦めなければ、良い転機が訪れます。
⼀⼈⼀⼈の想いが重なり、答えが⾒つかる市政をつくるために、
意⾒を届ける架け橋になれるよう、皆様の声をお待ちしています。

応援してください!
よろしくお願いします。

後援会はこちら
たかおか知子
芦屋市議会議員

たかおか 知子TOMOKO TAKAOKA

Mokosoft株式会社を設⽴し代表取締役に。第⼆⼦を出産と同時に芦屋へ。
町内の課題にぶつかり、初代⾃治会⻑になることを決意し3年間務める。
地域での課題解決を⽬指し、⾃治会ブロックの南芦屋浜地区会⻑を兼任し
市内全域へ活動範囲が広がり、芦屋市⾃治会連合会の副会⻑も兼任する。
2019年芦屋市議会選挙に無所属で出⾺し当選。芦屋市議会議員の1期⽬。

LINE Instagram Facebook Twitter stand.fm