pagetop

BLOG活動ブログ

芦屋市議会☆新人議員の本音シリーズ NO.44


委員会の舞台裏(第二章)

 
新体制での委員会が始まった
 
前回のお話で委員会の委員がどういう風に決められていったのかの経緯をお話しましたが、新しい新体制が整いました。
 
 
民生文教常任委員会の委員は下記の7名です。
 
委員長は浅海議員、副委員長はたかおか知子です。
慣例ではありますが、正副委員長は最初に意見をするのは遠慮し、最後にまだ出ていない意見があれば発言をすることがこれまで行われてきた風潮です。私が一年目の時は、諸先輩方から「新人さんは、率先して先に意見してね。」と声をかけてもらっていました。
 
議事日程は以下のとおりです。
 

委員の質問内容が不思議①

最初は「第39号議案 芦屋市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」でした。指定ゴミ袋導入にあたり取り決めを明記する感じです。何か決まり事を変更する場合は、必ず条例の文言を改正する必要があります。
 
【審査事項】

 

 
一番最初に手を挙げられたのは議長の松木委員でした。他の議員に第一希望を譲らせてまでも、自民党として2人を民文の委員にしたいと言われていただけに、余程、大事な質問をされるのかもしれないと注目して聞いていました。
質問の内容は「どうして指定ゴミ袋を導入するんですか?その目的や理由はなんですか?」でした。
 
「あれ?なんで今頃この質問?」私はそう思いました。何故なら、指定ごみ袋の話は「芦屋市一般廃棄物処理基本計画について」の中で、幾度となく審議が繰り返されてきたことだからです。その経緯や目的などは最初の段階で質疑する内容です。しかも、議長の松木議員は民文の時は、事務局長のとなりで必ず傍聴席にいることになっていたため、ずっと話の内容も聞かれていたはずです。
ある程度の所管事務調査での説明で納得の上、ようやく実現に向けての議案が提出されたという段階で、わざわざ時間を割いてまで、改めてきく内容でもないのにと私は正直思いました。
 

委員の質問内容が不思議②
 
他の方に第一希望を譲らせてまで民文の委員になられた議員の方が次のような質問をされていたので、あえて厳しく言わせてもらいます。
 
質問は「指定ゴミ袋でない場合はどうなるのですか?パッカー車で置いていくのですか?」とうような内容でした。
 
私は思いました。
「あれ?改正後の3に質問の答えが示されているのでは?」
 
【改正後の内容】
 
ここに書かれている「違反して排出された一般廃棄物を」とは、つまり、”指定ゴミ袋で出されなかったゴミ”と言う意味になります。なので、その後に続く文章の「生活環境の保全上支障が生じない範囲内において収集しないことができる」というのは、”ぱっか車で持っていかないよ”ということがわかります。
 
確かに、初めの頃は私も議案書などうっかり文章を見過ごすことや、勘違いをして捉えていたことがあったのでわかる話なのですが、しかし、
議案書を読み込んでいれば、あえて確認する必要のない質問のように私は感じました。
 

委員の質問内容が不思議③

「報告第3号 令和4年度芦屋市一般会計補正予算(第1号)」についてです。

【専決処分】
 
専決処分とは議会の議決を経ることなく市長が提出することで決することのできる処分です。

今回も質問で一番に手を挙げられたのは議長の松木委員です。私は順番などは別に気にしていませんでした。ただ、議長となると専決処分の内容は先に報告を受けて目を通しているはずなのに、確認漏れでもあったのかな?と思って聞いていました。

質問は「申請不要のプッシュ型給付金」について取り上げられるようでした。

前回の民文の中でも「プッシュ型」については、所管事務調査で説明がありました。ちなみに、ブッシュ型給付金とは自治体や官庁等の行政が対象者に対して能動的に支給をする給付金のことです。

そこで、松木委員からの質問に続きます。「プッシュてなんですか?

え?え?、私は耳を疑いましたが、しかし、職員側は動じることなく冷静に丁寧に説明をされていました。私が職員の立場であれば

押す!です。」と英語変換でもして答えるのになぁ・・・。

とこれは冗談です。ただ、それぞれの質疑の切り口というか、自身のテクニックなのかもしれませんが「プッシュなに?」だけ言われても私なら答弁に困っていたと思います。ネットで調べても出てくるような内容を委員会の時間を使ってまで聞く必要があるのかなと、ちょっと思わずにはいられませんでした。

 


委員の質問内容が不思議④

給付金の話が続きました。すると、②の質問をされた議員からこんな質疑がありました。

「誤って給付金が送金されたニュースがありましたが、当市ではそのような誤送信はあったのでしょうか?」そして、当局のご答弁は「ございません。」でした。

私はまたもや思いました。

「うーん。もし、誤送金があったら、大問題になっているのでは?議会報告はもちろんニュースでも大々的に報道されていたはず・・・」

これまで何も騒がれていないということは、確認せずとも誤った送金がなかったことが判明できるところです。むしろ、誤った送金があったのに報告がなかったのであれば、それこそ議会軽視や行政の隠蔽になりますからね。

個々の質問のレベルが上がると相乗効果になります。私は、昨年の民文の時のように議員間で質問が繋がっていき、もっと議論が深まるようなことを期待していただけに、こんな風な疑問を抱いてしまいました。こうして、民文委員会の新体制がスタートしたのです。

委員会の模様は、録画でご覧になれます。

👉芦屋市ホームページ『議会中継_民生文教常任委員会6月8日』

 

<<【NO.43】   【NO.45】>>

新着活動ブログ

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
27282930   
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
25262728293031
       
  12345
6789101112
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
       
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

アーカイブ

カテゴリー

CONTACTつなぐ

皆さんの声を市政に届ける
橋渡し役をさせてください

当たり前だと思われている⽇常の中で、
仕⽅がないと諦めなければ、良い転機が訪れます。
⼀⼈⼀⼈の想いが重なり、答えが⾒つかる市政をつくるために、
意⾒を届ける架け橋になれるよう、皆様の声をお待ちしています。

応援してください!
よろしくお願いします。

後援会はこちら
たかおか知子
芦屋市議会議員

たかおか 知子TOMOKO TAKAOKA

Mokosoft株式会社を設⽴し代表取締役に。第⼆⼦を出産と同時に芦屋へ。
町内の課題にぶつかり、初代⾃治会⻑になることを決意し3年間務める。
地域での課題解決を⽬指し、⾃治会ブロックの南芦屋浜地区会⻑を兼任し
市内全域へ活動範囲が広がり、芦屋市⾃治会連合会の副会⻑も兼任する。
2019年芦屋市議会選挙に無所属で出⾺し当選。芦屋市議会議員の1期⽬。

LINE Instagram Facebook Twitter stand.fm