pagetop

BLOG活動ブログ

芦屋市議会☆新人議員の本音シリーズ NO.38


 4役選出の舞台裏(第四章)

 
二人目の候補者へ私からの質問
 
 
2人目の候補者は、無所属会派(1人)の青山曉議員です。
質問者は3名でした。中村議員(あしや しみんのこえ)、次に私、その次に川島議員(共産党)でした。
 
【たかおか知子の質問】
 
説明:
平野議員と同様に、副議長の気質に必要な、判断能力と実行力についてお伺いしたいのですが、青山議員は続投ということですので、1年間の実績のなかでの判断材料があるという上で、具体的な内容から確認させていただきたいと思います。
 
●令和3年6月28日「伊藤舞市長に対する問責決議文」の時には、平野議員は反対でしたが、青山議員は賛成と判断されました。
 

●一方、これに関連する令和3年10月8日の定例会での「大塚のぶお議員に対する問責決議文」の時には青山議員は反対を示し、その討論では

「昨年発覚した芦屋市にとって未曽有の大問題であるハラスメント事案。隠蔽と思わざるを得ない閉塞された市幹部の体質…」「これらの発覚のきっかけとなったのが当該議員の一般質問であり、これが否定されるのであれば、議員の持つ質問権、調査権の侵害であり、今後どうなっていくのかと憂うところです。」と言われていました。

そして、この問責決議の提出者である私と山口議員に対し「個人を陥れたいのか、出すだけのパフォーマンスと考えざるを得ない」と批判し、「長時間、質疑をし、粗末な文書」「全てがあまりに不的確で未確定、理不尽な決議内容」「芦屋市議会の現状を恥じねばなりません」というような言葉まで投げかけていました。

そして、当該議員に対し職員の同意を得ていないことをここで追及するも、ご本人がその場では否定し「大塚のぶお議員に対する問責決議」は否決となりました。

その後事態は急変し、新たな事実が浮上してきたことにより、ようやくご自身が間違っていたことを認め「反省する」と言われました。この問責決議は提出者の私達の指摘の方が正しかったということが、当該議員が認めたことにより証明されたのです。

しかし、青山議員が討論した内容は、事実を差し示していた私と山口議員に対し、名誉を傷つける不適切な判断をしていることになり、いまだにその発言を議事録に残していることになります。

「芦屋市議会議員及び市長等の倫理に関する条例第3条第1号の規定には「市政への不信を招くことのないよう品位と名誉を損なう行為を慎み、その職務に関し不正の疑惑を持たれるおそれのある行為をしないこと。」とあります。この行為というのは意図を持ってする行為も含まれています。不適切な議員の行動が事実であるにもかかわらず、本会議場の証言において当該議員はそれを認めず、意図してそれを否定する証言をしていました。まさに、不正の疑惑を持たれるおそれのある行為をしたことになります。

しかし、青山議員は当該議員への問責決議文が「支離滅裂で、論理矛盾に満ちており、このような文書を公式文書として決議すること自体が、本議会の品位と名誉を汚し、ひいては市民の信頼を損ね、市政執行にも重大な支障を生み、その結果は市民の不利益になってしまう。」という判断をされているご発言でした。

大塚のぶお議員の嘘を明らかにし事実を見きわめいた議員がいる中で、青山議員はこのことを見抜くこともできておらず、伊藤市長の時、大塚のぶお議員の時と2度も誤った判断で賛否を出されていたことになります。

●今年の3月に青山副議長が提案し取りまとめた「ハラスメントに対する決議文」は、まさに「大塚のぶお議員に対する問責決議文」の内容と繋がっており、議員倫理に違反する行為があったことを示していました。

しかし、副議長になってからも未だその処分はくだされていません。

ご自身が提出者となっている決議文に対するご答弁の中で、不適切にハラスメント問題を議員が取り上げたことに対し、「この決議文が、今後の議会を正すためのスタートであり、市民の信頼を取り戻す第一歩であり、これをもって終わりとすることはない。しっかりと行動と批判でもってかえていく。」と言われていました。

議会全体をとりまとめる正副議長の判断はいかなる矛盾があっても許されるものではありません。芦屋市議会の品位と名誉を損うことは我々議員の市民からの信頼も失うことになるからです。

なので、自分のこれまでの発言や行動に責任を持てないような方に、芦屋市議会の顔となる4役は安心してまかせられませんので、無責任な行動だと思われても仕方がない行動を取られてきた方を副議長として投票することに懸念を抱いています。

そこで確認いたします。

確認:
議会全体の真意を損なうような反省すべき過ちを行った議員の処分と、謝った内容が示されている議事録等の処置については、まだ何も手がつけられていませんが、新たに副議長となられた際は、どのように指揮をとって行かれるお考えですか?
 

質問のあとすぐに議事進行の声

私の中では、餌に飛びついた魚を釣り上げたかのような感覚と言うと想像つくでしょうか。
お二人の議事進行があがります。
「新人は、これだからルールを知らんのかね。」というような雰囲気で。
 
大方、予測していた内容の援護射撃がきたと思いました。
 
「だから私は、初めに確かめましたよね?
確認程度と。具体的に状況を説明した上で確認の質問しかしていませんが、それが何か?!」
とドクターXのようなことは言っていませんよ(笑)
 
会派でバランスよく調和を大切にということをスピーチで言われていた平野議員に比べ、会派制と立候補制を都合よく使い分ける現職の青山副議長。そんな印象を受けました。
全体協議会の後、平野議員が会派の部屋にご挨拶に来られ、副議長に立候補した意思を直接お話くださいました。
人柄と誠実さというのはこういう所で伝わるもので、そのことが公正・公平さの議会運営を期待することに繋がると思ってしまうのは、自然な感情ではないでしょうか。

 

<<【NO.37】   【NO.39】>>

新着活動ブログ

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
25262728293031
       
  12345
6789101112
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
       
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

アーカイブ

カテゴリー

CONTACTつなぐ

皆さんの声を市政に届ける
橋渡し役をさせてください

当たり前だと思われている⽇常の中で、
仕⽅がないと諦めなければ、良い転機が訪れます。
⼀⼈⼀⼈の想いが重なり、答えが⾒つかる市政をつくるために、
意⾒を届ける架け橋になれるよう、皆様の声をお待ちしています。

応援してください!
よろしくお願いします。

後援会はこちら
たかおか知子
芦屋市議会議員

たかおか 知子TOMOKO TAKAOKA

Mokosoft株式会社を設⽴し代表取締役に。第⼆⼦を出産と同時に芦屋へ。
町内の課題にぶつかり、初代⾃治会⻑になることを決意し3年間務める。
地域での課題解決を⽬指し、⾃治会ブロックの南芦屋浜地区会⻑を兼任し
市内全域へ活動範囲が広がり、芦屋市⾃治会連合会の副会⻑も兼任する。
2019年芦屋市議会選挙に無所属で出⾺し当選。芦屋市議会議員の1期⽬。

LINE Instagram Facebook Twitter stand.fm