pagetop

BLOG活動ブログ

芦屋市議会☆新人議員の本音シリーズ NO.29


会派は賛否を合わせなければいけないの?

特に政党を掲げている会派では、その中で「賛否が分かれてはいけない」という規則があると聞きます。会派を組む前にそういう約束事を決めているので、守らなければ、規則を破ったものは、会派または政党を離脱したかのように見られることを覚悟しなければいけないというリスクが生じます。だから「同じ会派内で賛否を変えるなんてとんでもないことだ!」とそれぞれの判断を一本化させなければいけないというルールがあるのだと思います。そのため本会議場では会派の人はみんな同じ結果を出すことは、当然のことのように行われてきました。

私のいる会派「あしや しみんのこえ」では、私と同じ無所属の長谷もとひろ議員と、立憲民主党の中村亮介議員との3名ですが、賛否がわかれてはいけないというようなルールは一切ありませんし、そのような規則をつくってもいません。それに、会派でそんな縛りがあるなら、きっと私には耐えられなかったと思います。

なぜなら、同じ思想をもっている政党の前に、市議会議員には思いを託してくださっている支援者がいて、各議員によってその方々も違うからです。議員個々で背負っている思いは必ずしも同じではないということです。住む環境も違えば、親しく接している人だって違います。議案によって判断も違ってくるのは当たり前のことではないでしょうか。

時にはどうしても、意見が違う自分の思いを貫きたい時だって必ずあります。それを本会議場で自分の意志を示すことができないなんて、そんなことも許してもらえない会派なんて、もし「あしや しみんのこえ」にそんな拘束があったなら、私は精神的に耐えれていなかったと思います。

同じ会派のお二人は、いつも私の思いを理解してくださり、まず私の言葉を信じて味方になってくれます。もちろん、私も誤った判断をしている時もあるかもしれません、そんな時はしっかり助言もしてくれます。その上で、「最終的に決めるのは孝岡さんだからね。」と、賛否を同一にするということを強制的に求められたことは、これまで一度もなかったということなのです。何より「たかおか知子」に選挙で一票を託してくださった支援者の方々のことをいつも先に考えてくださっているのだと感じています。

同じ会派だかといっても、それぞれが大切にしている熱い思いだったり、預かっている重大な責務は違うということなのです。『賛成』か『反対』という2つの大きな選択を、自分の背負っている支援者の思いのままに、どうして表明してはいけないのでしょうか。

大切なのは、議決結果が出た後です。自分の決断を支援者にきちんと説明しなければいけませんが、それを自分の判断を曲げて偽りのものには絶対したくありません。そんな風に個人の思いまで尊重してくれないような会派って、相手の考えを数や同調圧力によって抑制させることができる都合のよい規則をつくっているだけだと、私だったらそう思ってしまいます。

私が「会派って何のためにあるんだろう」と1番思う瞬間は、議決結果を見た時です。もし、それぞれが自分の感じたまま正直に賛否を投じることができるなら、芦屋市議会のこれまでの議決結果は「大きく変わっていただろうな」とそう感じています。

なので、会派に入る前に私は「賛否が分かれたい時があっても大丈夫ですか?」と確認しました。するとお二人は「もちろん、それでいいですよ。」とあっさりはじめに承諾してくれていたのです。これまで私が出してきた賛否は、全部私の判断で誰にも意見を押し付けられることはなく、責任をもって発言してきた『たかおか知子の思い』を言葉にしたものです。

もし私が、今の「あしや しみんのこえ」でなければ、きっと意見を聞いてもらえていないことが生じていてストレスが溜まり、今頃は会派を続けられていなかったかもしれません。これまで私がそうならなかったのも、同会派のお二人の理解があったからだとつくづく思っています。いつも、まず私の話に耳を傾けてくれて、意見を尊重してくれていた、そんな同会派のお二人にすごく感謝をしています。

議員は、1人より2人、2人より3人と人数が多いほど知恵の数も増えていき、合意形成の基よりよい結果を導き出せていくのです。また、時にはお互いを守り合う相談ができる仲間が必要だから、そのために会派があるのではないでしょうか。

というわけで会派「あしや しみんのこえ」では、自分の気持ちを押し殺すような会派規則で意見を束縛されることもなく、議員各位の責任において自分で納得して決定し行動しています。

あしや しみんのこえ(3名)たかおか知子所属会派
 

<<【NO.28】   【NO.30】>>

新着活動ブログ

    123
45678910
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
       
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

アーカイブ

カテゴリー

CONTACTつなぐ

皆さんの声を市政に届ける
橋渡し役をさせてください

当たり前だと思われている⽇常の中で、
仕⽅がないと諦めなければ、良い転機が訪れます。
⼀⼈⼀⼈の想いが重なり、答えが⾒つかる市政をつくるために、
意⾒を届ける架け橋になれるよう、皆様の声をお待ちしています。

応援してください!
よろしくお願いします。

後援会はこちら
たかおか知子
芦屋市議会議員

たかおか 知子TOMOKO TAKAOKA

Mokosoft株式会社を設⽴し代表取締役に。第⼆⼦を出産と同時に芦屋へ。
町内の課題にぶつかり、初代⾃治会⻑になることを決意し3年間務める。
地域での課題解決を⽬指し、⾃治会ブロックの南芦屋浜地区会⻑を兼任し
市内全域へ活動範囲が広がり、芦屋市⾃治会連合会の副会⻑も兼任する。
2019年芦屋市議会選挙に無所属で出⾺し当選。芦屋市議会議員の1期⽬。

LINE Instagram Facebook Twitter stand.fm