pagetop

BLOG活動ブログ

芦屋市議会☆新人議員の本音シリーズ NO.18


一般質問までの庁内でのやりとり

質疑側の議員と、答弁側の行政
一般質問するまでに係る、発言通告書、ヒアリング、原稿、答弁書がありますが、本当は、お互いが負担に感じている、そう感じているところはないの?と感じることがあります。
 
【発言通告書】
まず発言通告書とは、提出期日が決まっていて議員が提出するものです。

一般質問の項目は、ホームページなどに明記されるタイトルのことですね。その下に、箇条書きで一般質問で取り上げたい内容を書いておきます。
これを議会事務局に提出して、行政側に送るのです。
 
【ヒアリング】
発言通告が提出されると、次にヒアリングというのを行いますが、通告書の内容に関係する担当課の方と面談するのです。その時は、課長以下の職員が対応します。
 
【原稿】
ヒアリングでの話を元に、議員は一般質問で登壇するための原稿をまとめあげます。
(ヒアリングの前に既に原稿も出来上がっていて、ヒアリング後に修正されない方もいます。)
 
【答弁書】
答弁書とは、本会議で一回目に登壇した議員の質疑に対し、市長や教育長が読み上げる原稿のことです。
その後、職員はトップヒアリングといわることを行います。本会議場で出席し答弁する部長級と市長と副市長との面談です。
それまでにヒアリングを行った職員が答弁書を作成しなければいけないそうです。
 
ということで、トップヒアリングまでに、議員に原稿の提出を要求されます。これは強制ではないと思いますが、原稿があった方がより明確に答弁できるかという理由だそうです。
 

一般質問までの私の経過

8月30日
・16時に発言通告書を提出
 
8月31日
・16時〜19時まで職員とのヒアリング
・帰宅後、明日出席委員会の議案内容を調査
 
9月1日
・民生文京委員会に出席、帰宅は18時
・夜中から朝方にかけて原稿を仕上げる
 
9月2日
・始業時間開始の9時までにメールで届けることを迫られている
 
毎回、ずっとこんな流れでした。。。
 

一般質問までの過程で不満に思うこと

答弁書を作成するタイミングについてですが、一般質問とは、市長や教育長に向けて質疑するものなのに、市長の考えを聞くトップヒアリングの前に、本会議に出席しない課長以下の職員が「先に答弁書を作成しておかないといけないんです。」という時系列おかしくないですか?と思っています。
市長や、部長級は、課長以下が先に作成した答弁書に少し訂正を加えて、読み上げるだけなんでしょうか?
 
そのために、議員はタイトなスケジュール間を迫られることになるのです。
このスケジュール間では、原稿と答弁書をタイトな時間で作成することになっているんじゃないでしょうか?役所側も議員側も。
 
行政側は「木曜日の委員会後に部長級とのトップヒアリングがあるため、それまでに答弁書を作らなければいけない」と言います。
とは言え、それって行政都合ですよね。と思ってしまいます。
私にとっても原稿は、市民の方に発信す大事なものです。
 
ヒアリングをした後の見解で、ある程度原稿を作成したい思いや、一般質問日まで、まだ10日もあるし、余裕をもって、どう言う文章構成がより伝わるかとか第2質問のことなど、一般質問の内容を考え抜いて作成したいという思いで予定を立てています。
私が、そのタイトなスケジュールに合わせて、原稿をつくればよいと言うだけのことなのでしょうか?
 
火曜日の夜までヒアリングがあって、水曜日まるまる一日委員会に出席で、
「水曜日にはもらえますか?」という言葉がでる、、、って、当たり前のように火曜の夜に徹夜して急いで作成するしかありません。
 
更に、原稿を一度提出した後に、文章を変えると、職員はアタフタとされ、当日白い目で見られます。後に職員から議会事務局宛に苦情が入ることもありましたから。
 
会話の中で、意思疎通ができているなら、文章が一言一句同じでなくても、質問項目の内容は変わっていないのだから、返答はできるはずですし、ヒアリングしていませんとならないはずです。
 
結局のところ、答弁書を作ることばかりを気にかけて、こちらの伝えたい思いなど、話は耳に入っていなくて、何にも伝わっていないという現れだとも感じてしまいます。
 
課長以下としても、本会議に出席する部長級から、しっかりとした台本づくりを強いられている立場なのかもしれませんが、、、
まるで、伝言ゲームを原稿で補おうとしているかのように感じます。
だとしても、原稿の提出は義務付けではないのに、期日を迫られることは、議員の私には負担でしかありませんし、本来のアドリブのきく建設的な一般質問のやり取りができているとも、残念ですがあまり思えることができません。
 
他市では、通告書の締め切りはヒアリングの後、答弁書作成は一番最後と言うところもあるようです。
 
型式ばったこの形で、ずっとやってきた芦屋市議会に、私のようにおかしいと感じる方はいなかったのでしょうか。私はいまだに矛盾点を感じるばかりです。
急いだ気持ちで原稿をまとめないといけないといけないなんて、正直、私は毎回この一連の流れを良く感じていませんし、こんなスケジュール間で良いのかと不満だらけです。
 
こんな形式ばった、原稿と答弁書という台本つくりのようなもので、意思疎通することができているのかとも疑問に感じています。
ヒアリングは、答弁書をつくるだけのためだけにあるのかとも思ってしまいます。
 
もし、議員の原稿が最終的に必要ならば、全体で正式に提出期日を決めて義務付けてと思いますね。
 

ヒアリングを終えて、帰宅後の新人議員はこんなことをつぶやいたのでした。

👇

<<【NO.17】   【NO.19】>>

新着活動ブログ

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
       
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

アーカイブ

カテゴリー

CONTACTつなぐ

皆さんの声を市政に届ける
橋渡し役をさせてください

当たり前だと思われている⽇常の中で、
仕⽅がないと諦めなければ、良い転機が訪れます。
⼀⼈⼀⼈の想いが重なり、答えが⾒つかる市政をつくるために、
意⾒を届ける架け橋になれるよう、皆様の声をお待ちしています。

応援してください!
よろしくお願いします。

後援会はこちら
たかおか知子
芦屋市議会議員

たかおか 知子TOMOKO TAKAOKA

Mokosoft株式会社を設⽴し代表取締役に。第⼆⼦を出産と同時に芦屋へ。
町内の課題にぶつかり、初代⾃治会⻑になることを決意し3年間務める。
地域での課題解決を⽬指し、⾃治会ブロックの南芦屋浜地区会⻑を兼任し
市内全域へ活動範囲が広がり、芦屋市⾃治会連合会の副会⻑も兼任する。
2019年芦屋市議会選挙に無所属で出⾺し当選。芦屋市議会議員の1期⽬。

LINE Instagram Facebook Twitter stand.fm