pagetop

BLOG活動ブログ

芦屋市議会☆新人議員の本音シリーズ NO.16


疑心暗鬼にさせていく議員の関係

議員に成り立てでまだ周りの方とも親しくなかった頃にこんなことを私は感じていました。議会というところは疑心暗鬼になっている議員さんが多く、そういう思惑が渦巻いている所だなぁと、あまり会話を交わすこともなく、誰もが一歩線を引いて話をしているように思ったからです。私は本音と建前の中で社交辞令的に表と裏で話を分けてするのが苦手なほうなのですごく戸惑いました。

こんな風に議会に対して不足気味さを感じたのは、お互いを思いあえる信頼関係が構築されていない場所だからなのだと思いました。まるで足のひっぱり合いをしなければそこでは生き残れないというような諦めに近いものを誰もがそう思っているようにも感じたのです。

たしかに、選挙で議席を奪いあった中なのですから、そう簡単には警戒心を抱かずにはいられない環境におかれているのかもしれません。ここが代表者を選ぶ仕組みのすごく歯がゆいところではあります。裁判官の投票みたいに、議員になってほしい人を複数名『◯』で評価をつけてもらい、その数で順位を出すという選出方法はできないでしょうか?なんてことを一人で考えていました。

もちろん一票というのはとても大切です。ただ、そこで市民間と議員間に派閥をつくってしまう原因があるならば、そんな仕組みを捨てて、多様性が取り入れられるように協力し合える世の中に根本から変えていかなければいけないような気がするのです。

国の法や制度を変えることは、並大抵のことでは実現しません。多くの方を巻き込むことになればなるほど、新しいことへのチャレンジはリスクが大きく生じてくるかもしれないため強く進められないものかもしれません。そうはいっても、与えられた環境の中だけでやり過ごさければいけないということに囚われて考えることを止めたりしません。


議員はひとりきりではない

私は議会でひとりぼっちではありません。こんな異例なことばかりがおこる状況ですから、周りの議員さんとの意見交換も増え、たまには愚痴も聞いてもらったりと、同じ境遇の立場だからこそ誰よりも気持ちをわかってもらえることがたくさんあります。そうやって励まし合い相談しあって信頼関係をつくりながら議員の任務を努められることができています。

市民さんからご相談をいただく時も、私1人の知恵ではなく、議員同士が協力し合うことで、もっとよりよい解決に向かえる、それが合意形成をする議会の本来の姿なんだと私は思っています。

市民さんのお悩みを他の議員さんと一緒に考えて協力し合えば、それがもっと大きな力で解決に向かいます。それは何も会派の人数のことを言っているのではありません。防災について同じ問題意識を持っているもの同士、子育て問題を共に考えれるもの同士、地域別で身近な問題を共有できるもの同士、芦屋の明るい将来像を共に語れるもの同士など、その時々の話の内容で相談する相手も変わってきますし、よりよいゴールに導いくことを目指すために共同で動き数の力を発揮するのです。ただ単に議決を思うがままに決定させるためだけに人数を増やし数で固まるものではないと私は強く思っています。

これは議員になってからずと言い続けていますが、地方自治体の議会において政党や会派の枠のくくりにとらわれている考えや行動を減らしていきたいと思っています。議員同士、正しい結論を導き出すための情報交換や、互いの知恵を絞り相談し合う中なのですから、そこには会派も政党にしばられた意見はむしろ正しい判断を鈍らせていくように捉えています。有権者はその個々の議員を信頼して思いを託されているのです。議員が会派の中でその意志を押し殺さなければいけないということであれば、政党の意思を届ける組織の代表として選ぶ選挙をしなければいけません。国政ならばある程度その枠組みの中で選挙を行うということは民意の整理ができる話なのかもしれませんが、政党の考えで政策を縛り判断して推し進めるような場面ばかりが目立つような地方議会では、市民が主役の地方自治体とは言えないと私は思っています。


ハプニングの時こそみんなで力を

ところで、伊藤市長が就任以来これまでにないぐらい想定外なハプニングが起こり続いています。

👉これまで起こった芦屋市異例な事態まとめ

私をはじめ議員に成り立ての新人議員は、特に異例な事態が続き議員として戸惑う毎日を過ごしています。このように数々の問題が浮上してきた芦屋市政ですが、一方で議会の中も変化がでてきました。私と同じような意識を持っている議員さんとの距離が縮まっていったのです。そうやって話し合える関係をつくれる方が議員さんでいてくれたことに励まされてここまで乗り越えてこれた気がします。

できれば全会一致としても議会の意見が同じ方向を向くようになっていければ良いと思いますが現状の芦屋市議会では中々それが難しいことの方が多いようです。

一番大事なことは納得がいく話し合いができたかどうかということであり、自分に責任をもって判断して行動できていたかということなのではないでしょうか。

会派の控室にいると「トントントン」とドアを叩く音がして、他の議員さんが「ちょっといいですか〜」と話をしにきてくれるのが嬉しいです。

 

<<【NO.15】   【NO.17】>>

新着活動ブログ

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
       
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

アーカイブ

カテゴリー

CONTACTつなぐ

皆さんの声を市政に届ける
橋渡し役をさせてください

これまで常識だと思われてきた政治は、生活者の市⺠からすると
非常識なこともあるかもしれません。当たり前だと思われている日常の中で、
仕方がないと諦めることなく問いかけることで、良い転機に変わります。
一人一人の想いが重なり、本当の答えが見つかる市政をつくっていきます。

皆さまの意見を届ける架け橋になれるように、あなたの声をお待ちしています。

応援してください!
よろしくお願いします。

後援会はこちら
たかおか知子
芦屋市議会議員

たかおか 知子TOMOKO TAKAOKA

Mokosoft株式会社を設⽴し代表取締役に。第⼆⼦を出産と同時に芦屋へ。
町内の課題にぶつかり、初代⾃治会⻑になることを決意し3年間務める。
地域での課題解決を⽬指し、⾃治会ブロックの南芦屋浜地区会⻑を兼任し
市内全域へ活動範囲が広がり、芦屋市⾃治会連合会の副会⻑も兼任する。
2019年芦屋市議会選挙に無所属で出⾺し当選。芦屋市議会議員の1期⽬。

LINE Instagram Facebook Twitter stand.fm clubhouse