pagetop

BLOG活動ブログ

【議員提出議案】監査請求に関する決議

4名の議員から提出

令和2年第4回定例会で、議員提出議案「第11号 監査請求に関する決議」が提出されました。

👉芦屋市ホームページ『議員提出議案第11号』の内容


令和2年第4回定例会で採決

<議員提出議案第15号の賛否>令和2年6月29日

賛成:13名
・自民党5名、公明党3名、BE ASHIYA2名、維新2名、会派に属さない議員1名
 
反対:3名
・共産党3名
 
棄権:3名 ⇐たかおか知子は棄権
・あしやしみんのこえ3名
 
1名欠席、議長は表決に参加しないため19名で採決した結果、『可決』しました。
 

👉芦屋市ホームページ『令和2年第6回定例会 議案等審議結果一覧表 議員別』


監査請求について

この監査請求とは、監査委員に調査を行うことを依頼することです。

【監査委員】
  • 議会選出委員として議員から1名
  • 識見委員として弁護士1名
 

この2名の委員が調査することになります。

この議案の文言だけで判断すると 「第三者をいれて二重調査をしてもらうことを議員が提案しているだけなのだから良い提案」となると思います。この議案に反対や棄権した議員は「パワハラ調査に後ろ向きで、市を援護している」などとお感じになる方もいるかもしれません。

しかし、少なくともこの調査依頼が妥当な方法と判断つくものであれば、全会一致で賛成になったいたと思いますがそうはなりませんでした。常に市民のためになることを選択する義務が議員にはあります。行政の中でパワハラ問題があるならば、私はそれを放置して見過すことを選択することはしません。ましてや人権侵害につながるようなことを、市が放置しているというようなことがあれば、当然のことながら私も調査をさせる方を選んでいました。

私はこの議員提出議案には賛成しませんでしたが、ハラスメント調査に消極的な姿勢だというわけではありません。賛成しなかった理由は、提出者の議員提出議案の内容にひっかかるところがあったからです。


賛成しなかった理由2つ

【理由1】
監査請求を提案したタイミングに違和感と調査に遅れが生じる可能性がある

行政は発言で、外部弁護士をメンバーとして含めた「調査委員会」を設置すると言われていました。すでに自らの調査も着手されています。

通常、監査委員が登場するのは、行政の調査結果を受け、不審な点があった場合に再度第三者に調査を依頼するというのが通常の流れだったかと思います。行政側には、弁護士の方も入るようですし、もし議員が調査したければ、この段階で監査請求を求め、監査委員1人の議員だけが対処せずとも、委員会で継続審査にすればメンバー7人の議員が議論する場を持てますし、議会全体として協議していく方法もとれるはずです。また、百条委員会という個人情報に最善の注意を払うような場で議論することも可能なのです。

それと並行して横から監査委員が同時進行で調査に入ることで、市の調査委員会の聞き込みなどもその対応で足止めが生じるようになるのではないでしょうか。

 

【理由2】
個人を特定する事案に基づく調査を求めている節がある

調査を求めている議員側の主張は、ある担当課を特定できる職員の事案を指し示していました。

しかし、提出者の議員は「この監査請求は、個別事案について調査をさせるものではない」と言いきっていたため、賛成に消極的だった議員からも、それであれば反対はできなくなった状況になってしまったということも推測できます。

私の違和感は、なぜそこまでして特定の議員さんが個別事案に孤立しているかということです。ハラスメント問題として個別事案だけをとりあげ、そのことだけが大きく取り上げられることにより、その対象とされている課では、職員が余計相談しずらくなる環境を今後つくりだしてしまうことになりかねないと思っています。

ハラスメント事案を取り上げる時は、もっと個人情報の取り扱いの慎重さを考えて動くべきです。聞き込み調査の対象となっている当事者の方々の気持ちが置き去りになっていると思わざる得ませんでした。

「断固としてこれを許しません。」と言いながら、議員が公で騒ぐことで、逆に職場の信頼関係の構築を邪魔していることになってしまうと感じているからです。


会派 あしや しみんのこえの要望

今後の職場改善に力を注いていきたいと考えています。そのためにはまずは、職員さんには、常に市民の方を見て寄り添ってほしいし、上司の顔色を見て仕事をしてほしくはありませんから、職場環境にそういった弊害があるようなら、排除していかなければいけません。

パワハラ、モラハラ、セクハラ問題は、それを受けたが側がどう思うかというところがとても大事な判断材料になってきますので、その人たちの救済の場(相談できる駆け込み寺)があり、そこがきちんと「信頼できる場所」であるかということが、とっても重要で大切だと思っています。

だから、こういった人権問題は、相談しやすい環境にしてはいけなければいけないということで、秘密が厳重に守られることが大事なのだと思います。

ハラスメントという言葉が認められるまでは、今の部長級の世代も酷いパワハラを乗り越えて育ってきているので、それが当たり前の時代からようやく取り正される様になったわけですから、一方でそれがいけないことだと、気づけていないということもあるかもしれません。

今後も職場改善を望むならば、マナー研修に力を入れ、意識改革をしてもらうようにすることが必要なことなのであると強く要望いたします。

新着活動ブログ

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
       
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

アーカイブ

カテゴリー

CONTACTつなぐ

皆さんの声を市政に届ける
橋渡し役をさせてください

当たり前だと思われている⽇常の中で、
仕⽅がないと諦めなければ、良い転機が訪れます。
⼀⼈⼀⼈の想いが重なり、答えが⾒つかる市政をつくるために、
意⾒を届ける架け橋になれるよう、皆様の声をお待ちしています。

応援してください!
よろしくお願いします。

後援会はこちら
たかおか知子
芦屋市議会議員

たかおか 知子TOMOKO TAKAOKA

Mokosoft株式会社を設⽴し代表取締役に。第⼆⼦を出産と同時に芦屋へ。
町内の課題にぶつかり、初代⾃治会⻑になることを決意し3年間務める。
地域での課題解決を⽬指し、⾃治会ブロックの南芦屋浜地区会⻑を兼任し
市内全域へ活動範囲が広がり、芦屋市⾃治会連合会の副会⻑も兼任する。
2019年芦屋市議会選挙に無所属で出⾺し当選。芦屋市議会議員の1期⽬。

LINE Instagram Facebook Twitter stand.fm